top of page
P1230001.JPG
ホネホネサミットとは?

 日本各地の博物館や大学には、動物の死体を標本として保存する活動をしている人達がいます。標本は生き物を知るための研究に、あるいは生き物の魅力を伝えるための展示や教育活動に活かされています。またホネの魅力にとりつかれ、個人で骨格標本を作製している方も大勢います。

 こうした同好の士が一同に集まって、それぞれの技術を伝えあい、さまざまな情報交換ができる場所として、ホネホネサミットが始まりました。2009年から今までに大阪府・高知県・北海道で、8回のホネホネサミットが開かれてきました。

  大阪:2009年・2011年・2014年・2017年・2023年

  高知:2016年・2018年

  北海道:2020年

昨年のサミットの様子はこちら 

昨年、大阪で開催された
ホネホネサミット2023の様子

いろいろなメディアでも取り上げられています。

  ・NHKニュース

​  ・ラジオ関西

 2024年のホネホネサミットは静岡県で開催します。静岡は温暖な気候に恵まれ、富士山や駿河湾、伊豆半島など多彩な自然環境を有する土地です。山に、海に、街に、いろいろな生き物が生息しています。静岡を舞台にホネ好きがあつまり、ホネや動物、自然の魅力を発信していければと考えています。

開催日時・アクセス
日時:令和6年10月19日(土)・20日(日)
・会場:清水マリンビル静岡県静岡市清水区日の出町 9-25)
・入場料:無料
清水マリンビル.png
イベント内容
  • 出展団体による活動紹介や標本などの展示、自然をテーマとした参加体験型のゲームコーナーなど。

6月20日時点の出展者・出展団体は16組!!

引き続き出展者を募集しています。詳細は下記をご覧ください。

  • 大ホールでの招待講演

講演1「骨をプリントする」

19日(土)13時30分~15時00分

講師 森 健人 氏(一般社団法人路上博物館 館長)

講演2「骨のみかた、教えます」

20日(日)11時00分~12時00分

講師 西岡 佑一郎 氏(ふじのくに地球環境史ミュージアム 准教授)

  • その他にも楽しいイベントを計画中!

  • ​ホネホネサミット2024のチラシができました。

チラシ表.png

チラシ裏.png
出展申し込み

出展をご希望の方は、申込フォームからご登録ください。

  • 申し込み期間は 715日(月)までです。

  • 出展料は無料です。

  • 展示ブースの大きさは幅3m × 奥行2mぐらいを予定しています。

  • 出展内容はホネホネサミットの趣旨に沿ったものでお願いします。とくに以下に該当する展示はお断りしております。

 販売のみを目的とした出展(展示内容に即したグッズの販売は可)

 標本や生物の販売、配布、交換(透明標本など美術工芸品としての側面もあるものについては、主催者までお問い合わせください)

 飲食を伴う展示や販売

  • 机やイスなどの備品、搬出入方法など詳細な出展要項は申込締め切り後にご案内します。

  • ご不明な点があればメールにてお問い合わせください。

​フォームを利用できない場合は、上記のメールアドレスまでご連絡ください。

その際、​メール件名を「出展申し込み(団体名)」とした上で、​以下の項目をご記入ください。

 ・連絡先メールアドレス

 ・団体名(ふりがな)

 ・代表者氏名(ふりがな)

 ・団体の住所・郵便番号

 ・代表者と連絡が取れる電話番号

 ・出展内容

 ・物品販売の有無

主催・連絡先

【主催】

駿河ほねほね団(NPO法人静岡県自然史博物館ネットワーク)​

一般社団法人富士ストランディングネットワーク

ふじのくに地球環境史ミュージアム

美しく豊かな静岡の海を未来につなぐ会

【後援】

静岡大学、静岡県公立大学法人静岡県立大学、東海大学静岡キャンパス

朝日新聞静岡総局、静岡新聞社・静岡放送、中日新聞東海本社、毎日新聞静岡支局、読売新聞静岡支局、静岡朝日テレビ、静岡第一テレビ、テレビ静岡、NHK静岡放送局

【問い合わせ先】

Email:honesami2024#gmail.com(ホネホネサミット2024実行委員会)

#を@に変えて送信してください

電話:054-237-1411(自然史博物館ネットワーク)

電話にて担当の高山をお呼びください。平日10:00〜16:00のみ対応しておりますが、対応できない場合もございます。なるべくメールでのご連絡をお願いします。

bottom of page